日本の伝統文化紹介・・・芸道

華道

華道(かどう)とは植物のみや、植物を主にその他様々な材料を組み合わせて構成し、鑑賞する芸術である。「花道」とも表記し、またいけばな(生け花、活花、挿花)とも呼ばれる。 ただし華道という呼称は「いけばな」よりも求道的意味合いが強調されている。華道にはさまざまな流派があり、様式・技法は各流派によって異なる。 華道は日本発祥の芸術ではあるが、現代では国際的に拡がってきている。欧米のフラワーデザインは、3次元のどこから見ても統一したフォルムが感じられるように生けるとされる。華道の場合、鑑賞する見る方向を正面と定めている流派も多くあるが、3次元の空間を2次元で最大限に表す流派もある。また華道は色鮮やかな花だけでなく、枝ぶりや木の幹の形状、葉や苔となどすべてを花材とし鑑賞する点でも、海外のアレンジの概念とは一線を画している。華道の起源は古代からのアニミズムの流れとして、採取した植物を住居などである空間にて再構成する行為に基づくという研究もある。植物は動物と異なり、切り落としても適切な処置すればある程度生命を維持することができる。こうした植物の特性に神秘を見たとも考えられる。それは常緑樹信仰にも通じ、人間の手の及ばない神秘の力を花器の上で包括的に管理してしまおうとする試みであるとも考えられる。 華道の発祥は仏教伝来に際し花を献じる供花に由来するという説が有力である。また、一輪挿しなどに挿した花を愛でる習慣は古くは平安時代あたりまで遡り、例えば『枕草子』などの文献史料からたどることができる。当初は既存の器を利用していたが、後に専用の花器が製作されるようになった。 華道の確立は室町時代中期、京都六角堂の僧侶によるものとされる。僧侶は代々池のほとりに居住していたことから「池坊(いけのぼう)」と呼ばれていた。そうした呼び名がのちに流派の名前となる。家元、宗家らによって江戸時代中期にかけて立花(たちばな、りっか; 「立華」とも書く)と呼ばれる型が大成されていった。 その後江戸中期から後期になると、華道はそれまでの上流階級・武家階級のものから広く庶民のたしなみへと変化し、生花(しょうか、せいか)を中心に広く愛さるようになった。 今日の華道と言えば、江戸時代後期文化文政の時代に流行した生花、挿花のことを指すことが多い。とくに江戸後期に大流行した曲生けと呼ばれた遠州流系では技巧の達人・名手が多く登場し、意匠を凝らした銅の花器や厳選された木材と職人技の塗り花台などとともに数寄者がこぞって花を生け、今もその意匠・デザインは引き継がれていることも多い。また関西では未生流系、東日本では古流系などの流派から多くの流派に分かれていくきっかけとなる。 江戸末期から明治初期の頃、世界的なジャポニスムにより華道・生け花が欧州に紹介され、ヨーロッパのフラワーデザインにラインアレンジメントの手法として影響を与えた。国内ではやがて花姿は時代の流れに即し、なげいれ花、盛花(もりばな)などさまざまな型が編み出された。また異種花材として植物以外のあらゆる材料も「花材」として盛んに取り入れられている。

茶道

茶道(さどう、ちゃどう)は、日本伝統の湯を沸かし、茶を点(た)て、茶を振る舞う行為(茶の儀式)。また、それを基本とした様式と芸道。 元来「茶湯」(ちゃとう)、「茶の湯」といった。千利休は「数寄道」、小堀政一(遠州)は「茶の道」という語も使っていたが、江戸時代初期には茶道と呼ばれた(『茶話指月集』『南方録』など)。「茶道」の英語訳としては tea ceremony のほか、茶道の裏千家と表千家ではそれぞれ the way of tea、chanoyu を用いている。岡倉覚三(天心)は英文の著書 The Book of Tea(『茶の本』)において、Teaism と tea ceremony という用語を使い分けている。 主客の一体感を旨とし、茶碗に始まる茶道具や茶室の床の間にかける禅語などの掛け物は個々の美術品である以上に全体を構成する要素として一体となり、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされる。 現在一般に、茶道といえば抹茶を用いる茶道のことだが、江戸期に成立した煎茶を用いる煎茶道も含む。

香道

香道(こうどう)とは、日本の伝統的な芸道で、一定の作法のもとに香木を焚き、立ち上る香りを鑑賞するものである。香あそびということもある。 香木の香りを聞き、鑑賞する聞香(もんこう)と、香りを聞き分ける遊びである組香(くみこう)の二つが主な要素である。 香道においては香を「聞く」と表現するのが正式であり、「嗅ぐ」という表現は不粋とされる。本項においても「聞く」と表現する。日本書紀によると、香木は推古天皇3年(595年)に淡路島に漂着したといわれる。日本香文化の源流は古代インドから中国をへて、仏教と共に入り、香木が焚かれるようになった。平安時代になると、宗教儀礼を離れて、香りを聞いて鑑賞するようになり、薫物合せ(たきものあわせ)などの宮廷遊戯が行われた。 芸道としての香道が確立したのは、室町時代の東山文化の頃で、茶道や華道が大成するのとほぼ同時期に香道の作法も整い、現在の形に近いものになったと考えられている。この頃、それぞれに異なる香りを有する香木の分類法である「六国五味」(りっこくごみ、後述)なども体系化された。

武芸

武芸(ぶげい)とは、日本の古代から中世、近世初期までにおいて、軍の兵卒や武官、武士などが当時の戦場で戦うために訓練した技芸のこと。総じて武芸は鉄器の武器の発達に応じて発達した。『後漢書』倭人伝では「其兵有矛楯木弓竹矢 或以骨為鏃」と記されたが、『魏志倭人伝』では「兵用矛楯木弓木弓短下長上竹箭或鉄鏃或骨鏃」とあり、西暦200年代頃の倭において矛、盾、木弓と鉄(或いは骨)の鏃が用いられていたとの記述がある。大和朝廷の成立した時代には、大伴氏や物部氏などが軍事を担った氏族として存在した。日本最古の史書といえる『日本書紀』の綏靖天皇の条に「武芸」の語が見え、また『日本書紀』や『古事記』に矛、剣、刀、弓、?力(相撲)などの記述が見られる。 律令制が整った時代の律令官制の訓練機構では武官の律令制式の武芸があり、律令制において軍事は兵部省が司っていた。天武天皇は武官に対して用兵・乗馬の訓練に関する発令をし、大宝律令と養老律令を通じて学制で騎兵隊が強調され、聖武天皇の神亀元年(724年)には、坂東9カ国の軍三万が騎射の教習と軍陣の訓練を受けるようになった。また、文武天皇が慶雲五年六月(704年)に諸国の兵士に武芸を習わせたとの記録がある。尚、当時は弩も使用していた 続いて、これとは別に国衙軍制で武装を朝廷や国衙から公認された「下級貴族(諸大夫)」、「下級官人(侍)」、「有力者の家人(侍)」からなる人々が武士となり、10世紀に成立した「新式の武芸」を家芸とし、武装集団を組織した。この時代から鎌倉時代では、戦法は武士同士の一騎討ちが主で、戦闘の手段は主に弓、太刀、長巻、薙刀、鎧通しなどを用い、矢合わせと打物での斬りあいのあと組討に至るかたちであった。 しかし、鎌倉時代後期の元寇において元軍が用いた集団戦への対応などから変化が生じ、日本でも戦法が足軽などの徒歩の兵を組織した集団戦へと変化した。このことに適した武器として長柄の刺突武器が見直された結果、槍が主力武器とされ、火薬を用いた火器火縄銃の伝来、普及へと変化した。 江戸時代に入り、天下泰平の世になると江戸幕府や各藩に置かれた軍制は約250年間戦争を経験しないまま存続し、幕末の内戦時になって、近代西洋式の軍制が導入された。この際、幕府側は主にフランス第二帝政の支援を、倒幕側は主にイギリス帝国の支援を受け、火器や軍艦が導入された。明治政府によって大日本帝国になってからは、ドイツ帝国の軍制を取り入れた大日本帝国陸軍とイギリスを規範とした大日本帝国海軍の二つの軍隊が編成され、軍事技術や練兵が近代化へ向かった。尚、陸軍において、刀剣、槍、銃剣、ナイフなどの鋭器や棍棒などの鈍器を用いた至近距離の戦闘は白兵戦と呼んだ。 (一方、江戸時代に入って武士が戦場から遠ざかり天下泰平の世になっていくにつれて、各種武芸は技術化が進んで諸流派が生み出されつつ内容を変えてゆき、弓術、剣術、柔術、砲術、兵学等の流派となっていわばスポーツに近い、「たしなみ」として修練された。明治維新後に兵学、砲術は滅び、他も衰えた。これらはいったんは体育に向かないと教育制度にとり入れられなかったが、日露戦争以後、技術ではなく心を養成するという教育的価値が評価され学校教育にとりいれられて武道となった。占領期にGHQにより禁止されるも、独立後現代武道として再開された。)

書道

書道(しょどう)または書(しょ)とは、書くことで文字の美を表そうとする東洋の造形芸術である。カリグラフィーの一種。中国が起源であるが、日本においては漢字から派生した仮名、ベトナムでは同じく漢字から派生したチュノムやローマンアルファベットを使用するクォック・グーなどでも創作活動が行われている。 2009年に中国の書道が、ユネスコの無形文化遺産に登録された。文字ははじめ実用として生まれたが、文化の進展につれ美的に表現する方法が生まれた。この美化された文字を書という。書道とは、この文字の美的表現法を規格あるしつけのもとに学習しながら、実用として生活を美化し、また趣味として心を豊かにし、個性美を表現していくことである。そして、その学習過程において、人格を練磨し、情操を醇化していく。よって、書道は人間修養の一方法であり、古来、中国では六芸の一つとして尊崇されてきた。 書道は主に毛筆と墨を使い、その特徴を生かして紙の上に文字を書く。その技法(書法)には、筆法、間架結構法、布置章法があり、それぞれに様々な方法が編み出され、書体や書風などによって使い分けられている。技法の習得には、色々な教育機関を通じて書家に師事し、古典を中心に学習し、書道展などに出品しながら技量を高めていくのが一般的である。 大作などの特殊な場合を除いて文化圏により書字動作に違いがみられ、中国では高机に向かって立ったまま書くことが慣習であるが、日本では正座してしたためることが通例となっている。

芸道

茶道、香道、華道、武芸、武道、書道、など全国にある芸道を紹介します。

世界の伝統文化紹介・・・現在リニューアル中です。